0857-84-2211   
 

鳥取には美味しい和牛がある!

■ 伝説の銘牛、気高号 とは・・・

1920年、鳥取県は優れた肉質の和牛を育てるために、全国初の和牛の血統を登録する事業を行い、九州・東北をはじめとする新しい産地に多くの種牛を供給した。
1966年に岡山県で開催された第1回全国和牛能力共進会(5年に一度開催される和牛日本一を競う審査大会・和牛のオリンピックと称される)で一等賞の栄冠に輝いたのが鳥取県の種雄牛「気高号」である。
 
「気高号」は国産和牛の「祖」として、生涯9000頭の以上の子孫を残した。
 
その後、2017年開催の第11回全国和牛能力共進会において、気高号の血を引く名牛「白鵬85の3」が和牛日本一に輝き、「食のみやこ鳥取県」にふさわしい快挙を成し遂げる。
 
鳥取和牛は子牛の時に出荷されてしまう事が多く、鳥取和牛という名前で販売されることが少ないことから、全国的な知名度は高くない。しかし歴史が示してきたように、鳥取県が力を入れてきた「鳥取和牛」は、全国の名だたる銘牛と肩を並べる実力がある。

■ 「鳥取和牛・万葉牛」の指定販売代理店として

当苑宿泊プランにございます「鳥取和牛のステーキ会席」には、鳥取和牛の「万葉牛」を使用しております。
 
万葉牛は「指定生産者」と「指定登録店」がそれぞれ万葉牛生産組合が管理をしております。出荷される万葉牛は「個体番号」によって管理がされており、高い品質とはっきりとした流通経路が確認できます。
 
肉味に旨味があり、脂の融点が低く、口の中に入れると溶けていく口溶けの良さが特徴です。
 
国民宿舎山紫苑は指定登録店「認定3号店」です。

国民宿舎山紫苑 〒689-0425鳥取県鳥取市鹿野町今市972-1 Tel:0857-84-2211 Fax:0857-84-2462
Copyright(C) SANSHIEN All Rights Reserved.
Copyright(C) SANSHIEN All Rights Reserved.