鳥取・鹿野温泉の公共の宿「国民宿舎山紫苑」
 
鳥取・鹿野温泉「国民宿舎 山紫苑」
株式会社 ふるさと鹿野
山紫苑について
交通アクセス お問い合わせ・ご相談フォーム サイトマップ
HOME お部屋 お風呂・天然温泉 お料理 施設とサービス 宿泊プラン・日帰りプラン
鳥取・鹿野温泉「国民宿舎 山紫苑」 :トップ スタッフ便り > 詳細
2008年06月19日
◆鹿野城主:亀井茲矩公墓所!

山紫苑よりお車でホンの数分…。

歩いてでも10分少々のところにある武蔵山の「明星ヶ鼻」には、1500年代後半から1600年代初頭にかけての鹿野城主であり、現在の鹿野の街の基礎を築いたとされる亀井茲矩公のお墓があります。

 

現在でも「亀井さん」と呼ばれ、郷土の方々に親しまれ尊敬されている亀井茲矩公とは果たしてどんな人物だったのか?

 

【亀井茲矩(かめい これのり)1557年~1612年】

kamei.jpg

日本の戦国武将・鹿野城主。贈従三位(大正元年)。旧姓は“湯”。初め湯国綱と名乗る。通称は新十郎。槍術の達人であり“槍の新十郎”の異名を持つ。義父に尼子経久に仕えた亀井秀綱。子孫には政治家の亀井久興、亀井亜紀子親子がいる。

尼子氏が毛利元就によって滅ぼされると、流浪の身となった茲矩。流浪時代については定かで無いところも多いが潜伏先は京都であったらしく、尼子氏の残党である山中鹿介幸盛と尼子勝久とに出会ったのもこの頃(永禄11年(1568年)頃)と推察される。年齢を考えると、天正元年(1573年)9月頃に山名家と離反するあたりから、本格的に実戦に参加し始めたものと思われる。同年、茲矩は拠点の一つであった私都(きさいち)城を任されている。年代は定かではないが、幸盛との緊密な関係から、幸盛の娘(生母は尼子氏家老職筆頭・亀井秀綱の娘)を娶り、亀井姓を名乗るようになった。

亀井茲矩の少年期に展開された尼子再興運動は、常に強大な毛利軍と寡兵で戦わねばならず、一時的な成果しかあげられなかった。しかし新興勢力である織田信長が台頭、中部地方を伺う情勢となり、事態は一変する。尼子残党はこれに臣従し、その支援を受けることとなった。織田方から見ても、中国地方にゆかりのある尼子残党は利用価値があった。

尼子残党は織田方(特に秀吉)の傘下に入り、播磨国を転戦するも、天正6年(1578年)に尼子勝久や山中鹿介幸盛らが上月城で孤立してしまう。勝久は上月城の放棄を選ばずに自刃、鹿介は降伏後に処刑された。この時、茲矩は羽柴秀吉の軍と同行していた為、難を逃れている。

その後は中国攻略を進める羽柴秀吉の軍に属し、天正9年(1581年)には吉川経家が守る鳥取城攻略で戦功を挙げたため、因幡国鹿野城主に任命され1万3500石を領した。僅か24歳の若年で前線の城主を任されている事からして、秀吉は相応の信頼を寄せていたものと考えられる。また、中国大返しの際には後詰めとして鹿野城に残留し、毛利氏への牽制・監視役を果たした。

本能寺の変後、秀吉の家臣となり、豊臣政権下において銀山経営・干拓・用水路開設などの行政面における手腕を発揮した。文禄・慶長の役では水軍を率い朝鮮でも戦っている。秀吉死後は徳川家康に接近し、慶長5年(1600年)の関ケ原の戦いでは東軍に与して最前衛で戦っている。関ヶ原後には鳥取城を攻撃するが、秀吉も苦戦した堅城であった為なかなか陥落せず、西軍の但馬竹田城主・斎村政広を寝返らせて、更に城下の焼き討ちによってようやく落城させた。しかし、焼き討ち行為は家康の逆鱗に触れることになる。責任を回避すべく、茲矩は斎村政広が焼き討ちの首謀者と申し出たとされる。斎村政広は焦土戦術の責任をとって自害・改易。茲矩は功績によって3万8000石に加増されている。

徳川政権下においては農業開発、銀山開発、用水路開設などの行政面に手腕を振るう一方で、江戸幕府の朱印状を得てシャム(現在のタイ)と交易を行なうなど、世界に視野を広げた実業家でもあった。日本海側の中国地方の大名が南蛮貿易を行った事例は希少である。彼が行政面に優れ、交易の視野を世界にまで広げることができたのは、流浪時代に当時の先進地帯である関西圏で活動していたことや、主君が信長・秀吉であった影響が大きかったものと思われる。時代に翻弄され小藩の領主に止まったが、政治手腕・実戦経験ともに充実した人物と言えよう。亀井家は、その後嫡子政矩の代に津和野へ4万3000石に加増転封されている。

亀井茲矩にはインド趣味があり、鹿野を王舎城と名つけたこともその表れだったと言われている。こうした東アジアへの関心に影響されてか、豊臣秀吉に鳥取城攻略の恩賞の望みを聞かれた際、琉球守に任じて欲しいと懇望。秀吉は笑って扇にその旨を記し、授けたという。この扇を李舜臣との闘いで奪われてしまったという伝承も存在する。また、その後に大陸を意識してか「台州守」の号を称したという。

法号:光武院殿中山道月大居士。墓所:鳥取県鳥取市鹿野町の譲伝寺、島根県津和野町の亀井家墓所内、京都市の黒谷光明寺墓地。 

※ウィキペディアより引用


鳥取市気高町田仲(たちゅう)の狭い道沿いにある、「亀井武蔵守茲矩」と記された木製の碑と大きな銀杏の樹が、墓所への入口の目印…。

 

P1000197.jpg

 

 

小さな鳥居をくぐり勾配がやや強い山道を歩くこと10分少々で、「鹿野城を眺められるように!」とこの地に立てられたという頂上の墓所にたどり着きます。

 

P1000196.jpg

 

P1000198.jpg


「10分少々の山道…」と言っても、運動不足気味のワタクシ(Bです)にはキツイ道程を経て、「ハァ~ハァ~!」と息を切らせながら頂上にたどり着くと、高さ2メートル以上はあろうかという大きな墓石が目の前に現れます。

 

P1000201.jpg

 

「こんな大きな石をどうやってここまで運んだんだろう?」

 

いや~不思議ですね~(^^ゞ


「鹿野城を眺められるようこの地に建てた!」とのことだったので、「どこが鹿野城(現在は城跡)かいな?」と探してみると…?

 

まず目に飛び込んできたのは雄大な鷲峰山の姿!!

P1000205.jpg


さらにキョロキョロと目を凝らしてみると…?

P1000204.jpg

 

「あっ!! 山紫苑だっ!!」

 

結局、鹿野城(城跡)は木々の陰に隠れて見れませんでした…(^_^;)


亀井茲矩公墓所への詳しい道程は、山紫苑ホームページ内の「鹿野町観光スポット紹介」のページをご覧頂くか、直接山紫苑までお問い合わせくださいませ。


山紫苑ホームページ担当B 岸信

[ブログ] いただいたコメント・感想一覧
コメント・感想を書く
コメントを投稿 (いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




入力した内容を記憶する

  
facebook instagram
山紫苑 スタッフ便り
お客様の声
月別アーカイブ
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
Q&A よくある質問と回答
お支払い・キャンセルについて
交通アクセスのご案内
お問い合わせ・相談窓口
旅行代理店の皆様へ
観光スポット紹介
ぐるりん周遊観光コース
鳥取県観光スポットへの所要時間
鹿野町観光スポット紹介
雪道ナビ
ふるさと鹿野・会社概要 鹿野そば道場・そば打ち体験
リンク集
サイト内で使用されている全ての画像・文章の著作権は株式会社ふるさと鹿野に帰属します。これらのデータを無断で複製・転載・販売することを固く禁じます。
株式会社ふるさと鹿野 国民宿舎山紫苑 鳥取県鳥取市鹿野町今市972-1 TEL:0857-84-2211 FAX:0857-84-2462
お支払い・キャンセルについて プライバシーポリシー サイトマップ リンク集 会社概要